あさもとクリニック【あさもと通信】その他の疾患等・機能性胃腸症 (FD)

あさもとクリニック
トップページ >あさもと通信 >その他の疾患等>機能性胃腸症 (FD)

あさもとクリニックポイント機能性胃腸症 (FD)


<概念>

腹痛、吐き気、食欲不振、胃もたれなど胃腸症状があっても、いろいろな検査では「器質的な」病気がみつからない病気の総称です。従来、神経性胃炎、上腹部不定愁訴症候群などと呼ばれていました。

<原因>

症状がひどくても、胃カメラ、バリウムなどの検査で、ほとんど異常が見つからないのがこの病気の特徴です。胃腸の動きが乱れて症状が起こる「機能性」の病気です。内臓のバランスが悪いためと思われます。

<分類>


1)逆流型

逆流性食道炎がないにもかかわらず、胸やけ、胸辺りの痛みがあり、水や食事をとることでよくなります。

2)運動不全型

腹部膨満感、胃もたれ、食欲不振など胃・小腸の運動が悪いために起きます。

3)潰瘍類似型

胃酸過多、夜痛みで目が覚めますが、食べ物や制酸剤の内服にて軽快することが特徴です。

4)呑気型

食事とともに空気を飲み込むことによります。げっぷ、嘔気、腹部膨満の訴えが特徴です。

<治療>

胃の動きを整える薬、胃けいれんを抑える薬、胃酸の量を調節する薬などを中心に使います。症状が長く続くと不安、緊張が高くなり、肩こり、頭痛、不眠などを伴いやすくなります。気持が滅入ってくると腸の動きが乱れて症状が悪化しやすくなります。また脳が過敏になり、同じ症状でもたいへんな苦痛に感じてしまいます。これらの症状はしばしば元の胃の症状よりつらいものですから、このようなときは抗不安薬、抗うつ薬などを併用します。お薬の中には数日で効き目が現れるものもあれば、数週間かかるものもあります。医師と相談の上で、根気よく飲み続けることも必要です。

<生活上気をつけるとよいこと>

体の疲れ、心配事などのストレスで悪くなります。症状に過敏になることで治りにくくなったりします。無理をせず休養をとるなど、生活習慣の改善が大切です。たとえば、決まった時間に三度の食事をとる、十分な睡眠をとる、偏食をさける、香辛料をとり過ぎない、お腹を温かくしておく、コーヒー、タバコ、痛み止めの薬を控える、適度な運動をするなどできそうなものから始めてみてください。

このページのトップへ